ステイン除去できる電動歯ブラシの効果とは!

今、CМなどでもたくさん流れていますが、電動歯ブラシがかなり流通しています。

 

もちろん、手ではできない細かい動きですし、歯や歯茎を傷めることなく使えますので安心です。

 

電動歯ブラシステイン除去

 

 

しかも、最近の電動歯ブラシはステイン除去モードなどを搭載している機種もあり、美しい歯への憧れを感じますね。

 

ホワイトニング効果としては正直あまり高いとは思えないので、無いよりはマシと言った程度に考えておくと良いと思います。笑

 

 

普段の歯磨きで口臭を防ぐのは最低限のマナーとして、白い歯というのはとても大事ですし、第一印象にもかかわってくる重要なパーツですからね。

 

しかし、万能の電動歯ブラシもお値段が高いというコスパの面でのデメリットはあります。。。

 

 

虫歯にもなりにくくなりますし、総合的に考えるとオススメの部分もありますが、縦方向への動きが弱いなどデメリットもあり、私は「電動歯ブラシで磨いたあとに手動でのブラッシングも必要」だと歯科医で指導されたので使うのを止めてしまいました^^;

 

価格以外にも検討されるときの判断材料に加えてみて下さい。

 

 

≪注意≫研磨剤が含まれていない歯磨き粉を使おう

 

ステイン除去をしようとして、より効果的な研磨剤が入っている歯磨き粉を使用されている方もいるかもしれませんが、電動ブラシで研磨剤入りの歯磨き粉を使うと歯にキズを付けてしまう可能性が高いです。

 

歯にキズが付いてしまったり、特に歯茎との境目のあたりが傷ついてしまいますと、知覚過敏になって冷たいものや暖かいものを食べた際に沁みるので厄介です。

 

電動歯ブラシ研磨剤

 

 

神経がむき出している状態になりますし、歯周病にもなりやすくなってしまいますので、かなり注意が必要です。

 

個人的にはステイン除去ができたとしても、研磨剤が入っているものは避けた方が良いと思います。

 

 

本格的にステインを除去したい時はホワイトニングがおすすめ

 

本格的にステイン除去して、歯をよりキレイに見せたい場合は薬用のホワイトニング剤がオススメです。

 

1番効果の高い歯科クリニックでのホワイトニングは、効果の面ではかなり大きいのですが、その分費用が多くかかってしまいます。

 

 

さらに、効果が高い代わりに持続力が弱いので、定期的にメンテナンスが必要となり歯科医院に通う必要も出てきます。

 

その分費用もかさみますので、定期的な通院が面倒に感じてしまう方には向いていないかもしれません。

 

 

その点、自宅で使えるホワイトニング剤は手軽な上に効果も高いのでオススメです。

 

ステイン除去効果のある歯磨き粉よりは値が張りますが、歯医者さんに通うよりはずっと安いのでコスパは優れていると思います。

 

 

また、日本では薬事法の関係で市販されていない海外のホワイトニング剤を個人輸入する方法もありますが、海外からの発送になりますし、刺激も強いのであまりオススメはしていません。

 

ステイン除去海外

 

 

知覚過敏の症状がまったくないのであれば使える可能性も高いですが、強く沁みて歯医者さんで相談しても「使わないほうが良いですよ」と言われるだけなので、海外サイトを通して購入する労力を考えても割に合わないと感じてしまうと思います。

 

 

歯に付着しているステインの度合いによっても効き目が変わってくるので、ご自身に合ったホワイトニング方法を試していくのが良いと思います^^

 

 

>>ステイン除去の1番簡単な方法!効果的な歯のステイン落とし方 TOPへ